置賜三十三観音ご詠歌のご紹介

   ご詠歌とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の31字に節をつけた仏教音楽のひとつ
  です。最も古いご詠歌は西国三十三観音のご詠歌だそうです。西国三十三観音中興の
  祖とされる花山法皇が西国巡礼の際に詠まれた和歌に、後世になってから節をつけ
  唱えられるようになったそうです。
   観音巡礼をされる方には、日頃からご詠歌の練習をされている方も多いようです。
  いわば観音巡礼は、日頃の信心と修練のお披露目の場でもあるのです。一心に
  ご詠歌をお唱えし、自らの信心を深め、観音様の慈悲の心を自らの心に宿してい
  ただければと思います。

  現在、置賜三十三観音のご詠歌本は販売していないため、必要な方は下記から
  ダウンロードください。 (Wordファイル) なお、無料配布のみにご活用ください。

  置賜三十三観音ご詠歌本
  置賜三十三観音ご詠歌本(真言付) 



 1番上小菅観音

 ふだらくや あらしをきけば のりのこゑ 

いわまのしみづ ひびくおほさわ


 2番高峰観音

 ふるさとを はるばるここに きてみれば

               のりのしるしは あらたなるらん


 3番黒沢観音

 まゐるより たのみをかけて くろさはの

               はなのうてなに むらさきのくも


 4番中村観音

 ゆめのよに ふきおどろかす まつかぜを 

               よくよくきけば みのりなるらん


 5番九野本観音

 くのもとを すくふちかひの ふかければ

               たのみをかけて あんらくのよに


 6番時庭観音

 にはをたて つちをたたへて ときにわの 

               まへのこぼくも じやうどなるらん


 7番高玉観音

 みねにふく あらしはのりの しるべにて 

               むじょうのゆめを さますなるらん


 8番深山観音

 のをわけて たのむゆくへは みやまなる

               つきのひかりは のどかなるらん


 9番杉沢観音

 よのなかに つくりしつみは おもくとも

               ほとけのちかひ たのむすぎさわ


 10番宮の観音

 よもすがら つきをみあげて おがむなり

               おきのかはせに たつはしらなみ


 11番萩生観音

 ちちははの めくみもふかき なかてなる 

               ほとけのちかひ たのむなりけり


 12番赤湯観音

 みなかみは いづくなるらん わかまつと

               きけばこころも さかりなるらん


 13番関寺観音

 のちのよを ねがふこころは かろくとも

               ほとけのちかひ おもきせきでら


 14番置霊観音

 いついろの くものうちなる つきをみて

               こころはここに おいためのやま


 15番火の目観音

 ひのめより わたらせたもふ ほとけにて

               たいひのひかり あらたなりけり


 16番鮎貝観音

 まつかわの はるばるなみを ながむれば

               きよきながれに すずしかるらん


 17番芦沢観音

 ちかひあれ さかゆるよよの ためしには

               なにわのことも よしやあしざわ


 18番新山観音

 なにごとも おもふこころは まるかれと

               むかしもいまも ここはにゐやま


 19番笹野観音

 まいりきて いまはのぞみの ささのやま 

               にわのきぐさも るりのひかりぞ


 20番仏坂観音

 のをすぎて やまぢにむかふ ほとけさか

               みねのうすぐも はるるけしきぞ


 21番小野川観音

 ありがたや だいひおふこの のりのみち

               ちかひもふかき おのがわのさと


 22番広野観音

 まゐりきて あほげばたかし まつかぜの

               つきせぬこゑぞ ちかひなるらん


 23番川井観音

 ごくらくの はしよりみれば はなのもり

               きぬぎぬやまは のどかなるらん


 24番桑山観音

 のをすぎて さとをもこゑて くわやまの

               おがむほとけは にせのためなり


 25番赤芝観音

 あはれみの たのむほとけは あかしばの

               ふもんのみかげ なをもあらたに


 26番遠山観音

 とふやまに いそげばちかし みほとけの

               おしへにまかす ちかひなりけり


 27番高岡観音

 ありがたや だいひのめぐみ ふかければ

               みいけのなみは しづかなりけり


 28番宮崎観音

 なみのおと みやざきてらの かねのこゑ

               にせあんらくと ひびくなりけり


 29番松岡観音

 きのふまち けふまつをかに きてみれば

               あすのまよひも はるるけしきぞ


 30番長谷観音

 いつみても かわらぬ色は はせでらの

               こけもひかりて なほもますなり


 31番五十川観音

 いかがわと おもふはひとの まよひなり

               せんじゅのちかひ いつもたへせぬ


 32番森の観音

 ありがたや おしへにまかす このみこそ 

               ねひくわんのんの ちかひなるらん


 33番浅川観音

 よろづよの ねがひをここに おさめおく

               みづはこけより いづるあさがわ